2007/4/12 木曜日

初めての分蜂(捕獲失敗)

Filed under: ニホンミツバチ — komahachi @ 16:47:22

昨年4月末ごろ、つくばのTさんから1群を分けて頂き初めて分蜂を体験する。

13時ちょっと過ぎに家内が驚いた声でハチが大変だとTELが事務所に入る。
すわ、分蜂かと帰って見てビックリ渦を巻いて飛んでいました。
箱の上の桜の枝に蜂球が出来始めたが30分待っても丸くならない。巣門の所も写真のようにうじゃうじゃのまま。
と巣門組の両方をシュロボウキでダンボールに掻き落して飼育箱に入れたが5分もすると、ぞろぞろ出てしまい同じ様に集まってしまった。さらに30分間隔で2度トライしたが出てしまい、その後集合せずに居なくなってしまった。

 2ヶ所に集合したのは何だったのだろう。

コメント (1) »

  1. これはねぇー、女王蜂はまだ巣箱から出ていなかった。
    先発隊が桜の枝に集蜂した。後発隊は女王の門出を促していたが、女王さん、おめかしに時間がかかっていた・・・。そんなとき、コマハチさんがほうきでガサガサやってしまったので、女王さんおびえてしまい出るに出られない。静かになったので出ようとしたらまたほうきでガサガサ。女王さん、何をされるのかと恐れをなして、コマハチさんの隙を見て逃亡した。段ボール箱に入れられたハチたちもぞろぞろと這い出して女王と共に逃亡した。
    こんなに考えてみました・・・。
    桜の花の咲く季節は外気温もそんなに高くないので、蜂球が完全になるまでじっくり待った方がいいのかも・・・。蜂球全体の温度が上がるまで時間がかかる。
    夏分蜂群は、外気温が高いので蜂球全体が暖まるのに時間がかからない。10時ごろ蜂球をつくりはじめても11時くらいには飛び立ってしまうこともある・・・。

    ※ 「 E-mail 必須 」は必要?? 

    コメント by きんぎょ — 2007/8/9 木曜日 @ 12:23:07

コメント RSS トラックバック URL

コメントをどうぞ

HTML convert time: 0.159 sec. Powered by WordPress ME